読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまたま日記3

プログラミングメイン、たまに日常

node.jsをインストールしてみた

JavaScript node.js

Linuxの勉強がてらインストールしてみました。
まだド素人のため、それぞれのコマンドの意味はまだはっきりと理解でできていません
勉強していきます(^_^;)

実行環境はさくらVPSの1Gのプランです
http://vps.sakura.ad.jp/specification.html

gitのインストール

githubからソースを落としてこないといけないみたいなのでgitをインストールします

$ sudo yum install git

naveのインストール

nodeの代表的なバージョン管理システムのnaveをインストールします。
まずはgithubからnaveをダウンロードします

$ git clone git://github.com/isaacs/nave.git

naveをダウンロードしたディレクトリに行き、nodeをインストールします。

$ ./nave.sh install latest

なんかエラーになります。

make[1]: Leaving directory `/home/kamatama41/.nave/src/0.7.7/out'
make: *** [node] Error 2
Failed to make 0.7.7
fail

nvmのインストールとnodeのインストール

うまくいかないみたいなので、代表的なもうひとつの管理システムのnvmをインストールします。
最初は同じくgithubからnaveをダウンロードします

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.node

nvmをダウンロードしたディレクトリに行き、nodeをインストールします。
2012/4/9時点での最新安定版は0.6.14です。

$ . ~/.node/nvm.sh
$ nvm install v0.6.14

なんかエラーになります。

######################################################################## 100.0%
Checking for program g++ or c++          : /usr/bin/g++
Checking for program cpp                 : /usr/bin/cpp
Checking for program ar                  : /usr/bin/ar
Checking for program ranlib              : /usr/bin/ranlib
Checking for g++                         : ok
Checking for program gcc or cc           : /usr/bin/gcc
Checking for gcc                         : ok
Checking for library dl                  : yes
Checking for openssl                     : not found
Checking for function SSL_library_init   : not found
Checking for header openssl/crypto.h     : not found
/home/kamatama41/.node/src/node-v0.6.14/wscript:374: error: Could not autodetect OpenSSL support. Make sure OpenSSL development packages are installed. Use configure --without-ssl to disable this message.
nvm: install v0.6.14 failed!
fail

OpenSSLの開発ツールを入れないとダメなようです。

$ sudo yum install openssl-devel

開発ツールの有無は以下のコマンドで確認します。

$ rpm -qa | grep openssl

npmを使う

node.js系のライブラリ管理システムnpmを使います。
とりあえずsocket.ioをインストールしてみます。

$ npm install socket.io

~/.node配下にnode_modulesディレクトリが作成されています。

次に、expressをインストールしてみます。-gをつけることで、
{NODE_HOME}/lib/node_modules/express/bin/express配下にパッケージをインストールして
パスを通してくれるみたいです。

$ npm install express -g

JSを書いてみる

以下のファイルをapp.jsとして、~/.node配下に作成します。

var express = require("express"),

  app = express.createServer(),
  port = process.env.PORT || 3000;


app.configure(function() {
  app.use(app.router);
})

app.get("/",function(req, res) {
  res.end("hello world!!");
})

app.listen(port);

JSを実行する

$ node app.js

http://{仮想サーバのIPアドレス}:3000にアクセスすると、hello world!!と表示されていればOK

nvm をログイン時に起動させる

~/.bash_profileに以下の記述を追記

$ . ~/.node/nvm.sh
$ nvm use v0.6.14

今の時点で謎な点

~/.node配下にjsを置かないと、expressがありませんと怒られる。
nodeにおけるモジュール、パスの概念を把握しないといけません。

Error: Cannot find module 'express'
    at Function._resolveFilename (module.js:332:11)
    at Function._load (module.js:279:25)
    at Module.require (module.js:354:17)
    at require (module.js:370:17)
    at Object.<anonymous> (/home/kamatama41/app.js:1:67)
    at Module._compile (module.js:441:26)
    at Object..js (module.js:459:10)
    at Module.load (module.js:348:31)
    at Function._load (module.js:308:12)
    at Array.0 (module.js:479:10)