読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かまたま日記3

プログラミングメイン、たまに日常

AWS上に構築したAnsible Towerのバージョンアップ

会社で使っているAnsible Towerのインスタンスが急にEC2のDynamic Inventory出来なくなり*1、急きょバージョンアップすることになったのでそのメモ。

基本的に以下のページの手順に従うだけです。
12. Upgrading an Existing Tower Installation — Ansible Tower Installation and Reference Guide v2.4.4

まったく複雑な設定をしてなかったのでかなり楽ちんでした。

前提

  • Ansible Towerのバージョンは2.3.1 -> 2.4.4
  • Ansibleが用意してくれているAMIをそのまま使用。特にHA構成やDBをlocalhostから外部に移行といったことはしていません。
  • OSはUbuntu
  • TowerのライセンスはFreeTrail版

手順

  • 準備
    • バージョンアップには10GB以上の空きディスクが必要なので、空けておく
    • 念の為にEBSボリュームのスナップショットをとっておく
  • サーバにSSHする、Rootになる
  • Setupスクリプトのアーカイブに行って欲しいtarballのリンクを確認し、wgetで取ってくる。最新版でいいのであればlatestでOK
wget http://releases.ansible.com/ansible-tower/setup/ansible-tower-setup-latest.tar.gz
  • tarballを解凍する
tar xvzf ansible-tower-setup-latest.tar.gz
  • configureスクリプトを実行する、localで実行する場合は--localをつける
./configure --local

でOK

./setup.sh
  • 終わり

*1:現在も原因不明