かまたま日記3

プログラミングメイン、たまに日常

JUnit 5 入門

そろそろ使ってみるかということで入門してみました。

JUnit Jupiter

こちらにも書かれてますが、JUnit 5は複数のサブプロジェクトからなり、JUnit 5でテストを書いたり拡張機能を書くためのクラスはJUnit Jupiterというプロジェクトにあります。なので、テストを書く場合は org.junit.jupiter 配下の各種ライブラリーをインポートして使うことになります。

Gradle から使う

最低限以下の記述が必要になります。 (Gradle 4.6以上が必要です)

dependencies {
    testCompile('org.junit.jupiter:junit-jupiter-api:5.3.2')
    testRuntime('org.junit.jupiter:junit-jupiter-engine:5.3.2')
}

test {
    useJUnitPlatform()
}
  • junit-jupiter-apiJUnit Jupiter のテストを書くのに必要なクラス、アノテーション群があります。 testCompile で指定します。
  • junit-jupiter-engineJUnit Jupiter のテストを実行するための TestEngine 実装です。testRuntime で指定します。
  • testタスク内のコンフィグレーションで useJUnitPlatform を指定することで、JUnit 5のプラットフォームを使うように宣言します。

テストを書く、実行する

基本的な書き方はJUnit 4までと同じで、テストしたいメソッドに @Testアノテーションを追加します。アサーションorg.junit.jupiter.api.AssertionsクラスにJUnit 3まででお馴染みの assertEquals などの基本的なアサーションメソッドがあるので、それを使います。JUnit 4時代の assertThat や、AssertJなどの別のアサーションライブラリを使いたい場合は、別途HamcrestやAssertJをインストールして使うことができます。

package com.example.project;

import org.junit.jupiter.api.Test;

import static org.junit.jupiter.api.Assertions.assertEquals;

class SampleTests {
    @Test
    void onePlusOneEqualsTwo() {
        assertEquals(2, 1 + 1);
    }
}

実行はGradleのテストタスクで実行します。

$ ./gradlew test

> Task :test

com.example.project.SampleTests > onePlusOneEqualsTwo() PASSED

BUILD SUCCESSFUL in 1s
3 actionable tasks: 2 executed, 1 up-to-date

ちょっと高度な使い方集

BeforeとかAfterとか

@Before @After@BeforeEach @AfterEach に、 @BeforeClass @AfterClass@BeforeAll, @AfterAll に置き換えられました。

package com.example.project;

import org.junit.jupiter.api.AfterAll;
import org.junit.jupiter.api.AfterEach;
import org.junit.jupiter.api.BeforeAll;
import org.junit.jupiter.api.BeforeEach;
import org.junit.jupiter.api.Test;

class DBTests {
    @BeforeAll
    static void initializeDB() {
        System.out.println("Initializing Database...");
    }

    @AfterAll
    static void deleteDB() {
        System.out.println("Deleting Database...");
    }

    @BeforeEach
    void insertData() {
        System.out.println("Inserting test data...");
    }

    @AfterEach
    void clearData() {
        System.out.println("Clearing test data...");
    }

    @Test
    void testWithDB() {
        System.out.println("Testing...");
    }
}

Parameterized Test

junit-jupiter-params のライブラリをインストールした上で @ParameterizedTest をテストメソッドに追加します。パラメタのソースは、簡易的には @CsvSourceCSV文字列で指定できます。もうちょっと高度にやりたい場合は @ArgumentsSource アノテーションを使うことで独自の引数のProviderを指定することができます。

dependencies {
    ....
    testCompile('org.junit.jupiter:junit-jupiter-params:5.3.2')
    ....
}
package com.example.project;

import org.junit.jupiter.params.ParameterizedTest;
import org.junit.jupiter.params.provider.CsvSource;

import static org.junit.jupiter.api.Assertions.assertEquals;

class ParameterizedTests {
    @ParameterizedTest(name = "{0} + {1} = {2}")
    @CsvSource({
            "0,    1,   1",
            "1,    2,   3",
            "49,  51, 100",
            "1,  100, 101"
    })
    void testsForPlus(int first, int second, int expected) {
        assertEquals(expected, first + second, first + " + " + second + " should equal " + expected);
    }
}

JUnit 4のテストを実行する

junit-vintage-enginetestRuntime でインストールします。これはJUnit 4以前のテストを実行するためのTestEngineの実装です。

dependencies {
    ...
    testCompile "junit:junit:4.12"
    testRuntime "org.junit.vintage:junit-vintage-engine:5.3.2"
    ...
}
package com.example.project;

import static org.hamcrest.CoreMatchers.is;
import static org.junit.Assert.assertThat;

import org.junit.Test;

public class JUnit4Tests {
    @Test
    public void test() {
        assertThat(1 + 2, is(3));
    }
}

拡張機能

JUnit 4の @Rule のような拡張機能は任意の Extension classを実装することで実現できます。 詳しくは この辺 参照。

package com.example.project;

import org.junit.jupiter.api.Test;
import org.junit.jupiter.api.extension.BeforeEachCallback;
import org.junit.jupiter.api.extension.ExtendWith;
import org.junit.jupiter.api.extension.ExtensionContext;
import org.junit.platform.commons.support.AnnotationSupport;

import java.lang.annotation.ElementType;
import java.lang.annotation.Retention;
import java.lang.annotation.RetentionPolicy;
import java.lang.annotation.Target;
import java.util.Optional;

class ExtensionTests {
    @Test
    @MyExtension("FOO")
    void extensionTest() {
        System.out.println("Running a test...");
    }

    @Target(ElementType.METHOD)
    @Retention(RetentionPolicy.RUNTIME)
    @ExtendWith(MyExtensionImpl.class)
    private @interface MyExtension {
        String value();
    }

    private static class MyExtensionImpl implements BeforeEachCallback {
        @Override
        public void beforeEach(ExtensionContext context) {
            final Optional<MyExtension> annotation = AnnotationSupport.findAnnotation(context.getTestMethod(), MyExtension.class);
            System.out.println(String.format("Running my extension with %s...", annotation.get().value()));
        }
    }
}

参考